アンテナ

「接遇」にこだわる3つの理由

“接遇”は、利用者との円滑な関係を築いて、よりよいをサービス行うために必要なスキルです。
接遇とは、人との出会いに対し、おもてなしをすること。
では、「おもてなし」とは、心が通じ合うように、相手の心を尊重して接することです。

接する態度、言葉使い、で、相手への思いやりの気持ちを大切にして、自然な振る舞いで表現することが最も重要です。

 

「接遇」にこだわる3つの理由


1. 利用者の尊厳を守る

利用者が心時良く生活できるように、利用者に敬意を持って接することが大切。
それには、身だしなみ、礼儀正しい態度や言葉づかいが欠かせません。

2. 気持ちよく仕事をするため

仕事は、チームで行っているので、会社で働く社員と良好な関係を築くことが重要。

あいさつや言葉づかいのマナーは、チームワークよく働くための基本です。

3. スムーズなサービスをするため

利用者との人間関係が良好でなくては、気持ちよくサービスを受けてもらえません
相手に敬意をはらい節度あるマナーを身に着けることでサービスをスムーズにします。

習慣性を高める10の教え

自分の「時間」と「気持ち」を大切に!

毎日の習慣の中で「納得する1日」にするには?
「10の教え」の実践で、必ず、変わります。

10の教えを見る

コメントを残す

*